きっとあなたの役に立つ きっとあなたの役に立つ 住まいのブログ

2016年5月6日

ガス・電気 ,キッチン ,トイレ

漏電防止だけじゃありません。アース付きコンセントが義務になった理由

近年、アース(接地極)が重要視されてきています。
ご存じでしたでしょうか?あのトイレのウォシュレットにも、なんとアースが必要なんです!(^_^;

『内線規定』によって、アース付コンセント施設が義務となっている水まわりの電気機器は、我々の身近なものばかりです。↓
・電気洗濯機
・電気衣類乾燥機
・電子レンジ
・電気冷蔵庫
・電気食器洗い機
・電気冷暖房機
・温水洗浄便座(ウォシュレットなど)
・電気温水器
・自動販売機

アース付きコンセント施設対象の電気機器

アースの役割

アース(もしくはアース線)とは、主に家電製品が漏電した場合、電気が安全に大地へ流れるための道として付属する導線のことです。

アースの役割は、大きく2つあります。
1.家電製品による感電や、雷の発生時に起こる過電流防止などの、安全性の向上と実現。
2.電磁波や静電気といったノイズを遮断・抑制することにより、電気機器の動作を安定させること。

電気の使用量が増えれども、電気の逃げ道が無い…という近年の住宅事情の中では、漏電や感電といった事故もあり得ないことではありません。
アースを施設していると、そのような万一の事故が起きたとき、電気を大地に逃がす事ができるのです。

特に、水で濡れやすい環境に置かれる洗濯機やエアコンの室外機は、アースが必須と言えるでしょう。

<漏電>については、関連記事の中でも詳しく書いておりますので、よろしければご一読くださいね。↓

漏電ブレーカーダウン時の緊急措置の話バナー

『内線規定』による、アース付コンセント施設の義務

『内線規定』とは、法令に準じた扱いになってはいますが、法令ではありません。
電気事業法に基づく経済産業省令として制定された「電気設備に関する技術基準を定める省令」の工事方法、維持、実務等を 細かく具体的に規定した<民間自主規制>です。
電気工事業者のための施工マニュアル、と言い換えると わかりやすいでしょうか。

この規定の中では、コンセントやブレーカーといった配線器具の種類や数を、義務・勧告・推奨の3段階に分けて提示しています。
推奨

勧告

義務
…の順に、重要度が高まります。

過去(前々回・2005年)の大幅な改訂によって、勧告→義務に引き上げられた項目が多数あります。
例えば、冒頭でご紹介した 水まわりで使用する電気製品・9品(洗濯機、冷蔵庫、ウォシュレットなど)がそれに当たります。

また、「住宅に施設する200Vコンセントは、接地極付コンセントを施設する」も同様に、新たに義務項目となりました。

アース端子付きコンセントとアース付きプラグ

アースを取る方法

アースを取る方法は、家電製品の説明書に書いてあり、比較的簡単です。
また、アースを取れるかどうかについては、ご使用されているお部屋のコンセントをご確認ください。↓

アースターミナル付接地極付コンセント

1.アースターミナル付(接地極付)コンセントの場合

コンセントに接地極(アース端子)があれば、そこに接続します。
アース線の先端を1.5センチほど皮むきし、接地極に接続するだけです。

2.従来の2穴コンセントの場合

アース設置工事が必要となります。
アース設置工事は、電気工事士という資格を持った業者のみが対応できます。
(この資格が無い者によるアース設置工事は、法律により禁止されています)

ですので、アース設置工事は、家電製品の販売店や電気工事店に相談・依頼する必要があります。

近年、屋内の電気配線も複雑化しており、それに伴う電磁波の人体へのリスクについてもようやく目が向けられ始めました。
漏電や感電はもとより、電磁波の影響からも身体を守りたいものです。
「安心と安全と健康のために」、お家のコンセントと電気機器のプラグを一度、チェックしてみて下さいね。

アース線のつなぎ方などについてご不安がありましたら、いつもの地域担当、もしくは最寄りのコープ住宅の営業所まで お気軽にご相談下さい。

情報提供は、東部営業所の森でした。

もっと知りたい!
キッチンの
リフォームについて

キッチンのリフォームをご検討されている方に役立つ“成功のコツ”をご紹介します!
さらに、実際の施工事例やリフォーム検討前に知っておきたい基礎知識などもご覧いただけます。

SNSで更新情報をチェック!

「ガス・電気、キッチン、トイレ」関連のエントリー

月別アーカイブ

スタッフの声をお届け!スタッフブログ 社内外のイベントのお知らせやレポートなどをお伝えします