きっとあなたの役に立つ きっとあなたの役に立つ 住まいのブログ

2016年9月2日

キッチン ,トイレ ,水まわり全般 ,浴室

自分でできる!水道の蛇口から出る水の量を調節する方法

台所や洗面台の水栓を取り替えた後に、「水の勢いが強くなった」「水の量が少なくなった」と感じられたことはありませんか?

そんなにレバーやハンドルを回していないのに、すごい勢いで水が出てきて、ちょっと手を洗っただけなのに水が飛び散り、周りがビショビショに…(><)

水量を減らしたい(又は増やしたい)というこんな時、プロにお願いしなくても、実は自分で簡単にできてしまう方法があります!ご存知ない方は必見です。

キッチンのシンク台と流し

止水栓で水の勢いを調整しよう!

問題のシンクや洗面器、カウンターの下はキャビネットになっていることと思いますが、まず、その中(奥)をご覧ください。
水やお湯の出る量を調節できる“止水栓”が付いていることと思います。見つかりましたか?
↓こういった、手で回せるハンドルタイプのものが多いかと思います。

水栓下のキャビネット内部
また、マイナスドライバーを差し込んで調整するドライバータイプなどもあります。

中には、ボイラーが横に組み込まれている場合もあり、止水栓がどこにあるのか一目ではわからないことと思います。
こういった特殊なケースの調整は、プロにお願いする必要があります。危険ですので、決して勝手に触らないようにして下さい。

止水栓が見つかったら…

まず、シンクや洗面台の水栓ハンドル(レバー)を全開にします
上では勢いよく水が出ている状態で、下の止水栓を左右に回して様子を見ながら、水量を調整します。

止水栓がハンドルタイプの場合

このハンドルを、
・右(時計まわり)に回すと、閉まります。量を絞る(少なくする)ことができます。
・左に回すと開きます。量を増やすことができます。

上の写真のものは栓が1つしかありませんが、場合によっては給湯用と給水用との2つが設置されているものもあります。
左側が給湯用、右側が給水用、となっているケースが多いです。

キャビネット内のハンドルタイプの止水栓

止水栓がドライバータイプの場合

また、水やお湯が出る管のところに、マイナスドライバーを差し込むタイプもあります。
調整方法は、ハンドルタイプと同様です。
ドライバーを差し込んで、右に回すと閉まり、左に回すと開きます

―――――――――― * ――――――――――

水道の水圧は変えることはできませんが、この「水の流れる量を変える」方法なら誰でも簡単に調整できますよね。

水量でお悩みの方は、一度、キャビネット奥を覗き込んでみてください。

止水栓がどこにあるのか判らない場合など、お困りの場合は、最寄りの営業所、もしくはいつもの地域担当者まで、お気軽にご連絡くださいね。

情報提供は、東部営業所の松岡でした。

もっと知りたい!
洗面所の
リフォームについて

洗面所のリフォームをご検討されている方に役立つ“成功のコツ”をご紹介します!
さらに、実際の施工事例もご覧いただけます。

SNSで更新情報をチェック!

「キッチン、トイレ、水まわり全般、浴室」関連のエントリー

月別アーカイブ

スタッフの声をお届け!スタッフブログ 社内外のイベントのお知らせやレポートなどをお伝えします