きっとあなたの役に立つ きっとあなたの役に立つ 住まいのブログ

2016年11月30日

ガス・電気

【ガス給湯器】その機能は必要?!もっとお安く交換できるかもしれません

めっきり寒い季節になりましたよね。さて、ちょっとしたクイズです。「寒い季節ほど壊れやすいもの」とは何でしょうか??
→それは実は…『ガス給湯器』なのです!
冬場の低い水温の水を頑張ってお湯まで沸かすので、夏場以上に負荷がかかってしまうんですね。(余談ながら、夏場は冷蔵庫がよく壊れます…)

★「ガス給湯器」の種類

一口に「ガス給湯器」と言いましても、いくつかの種類があります。大きく分けると…↓

① 給湯専用   (湯沸かし器→お湯・シャワーにだけ使えます)
② 追い焚き釜  (追い焚きにだけ使えます。シャワーには使えません)
③ 高温差し湯式給湯器 (追い焚きではなく、熱いお湯を足せます。シャワーもOK)
④ 追い焚き付き給湯器 (シャワーも追い焚きもOK!)
⑤ 暖房機能付き給湯器 (④の機能+浴室暖房機やガス式床暖房にも使えます)

…こんな種類があります。①と②の両方あるお家、④だけのお家、…と形態は様々です。
この5種類を知っておくと、今後、給湯器の取り換え時にとても役に立ちますよ。どのように役立つのか?は、次の実際にあった組合員さま宅の取り換え工事例にておわかりいただけることと思います。

★ガス給湯器の取替工事例

ガス給湯器の取替工事というと、いくらぐらいかかると思われますか?
過去に38万円~40万円超ほどかかった方には大変残念なお話なのですが…もしかしたらその工事、20万円~25万円くらいで取り替え出来たかもしれません!?

先日、ある組合員様宅へお伺いしました。給湯器が故障してしまったため、交換が必要でした。
その現行(故障中)の給湯器は以前、別会社に取り付けてもらって40万円くらいかかったそうです。
この給湯器の底面を確認すると…↓

20161130ガス給湯器の話1

左の方に、何もつながっていない部分がありますよね?この部分を拡大したものが下の画像↓です。
「暖房往」「暖房戻」と書いてあるのがお判りいただけますでしょうか。

20161130ガス給湯器の話2

この機種は先ほど書いた、⑤の「暖房機能付き給湯器」なんです。でも何もつながっていない…そう、この組合員様宅には浴室暖房機も床暖房も無いのです。

じゃあ暖房機能なんて要らなかった…ですよね?
「いつか浴室暖房機を付ける時に、あったら便利ですよ~」とオススメしてる販売店もあるそうですが、実際この組合員様は浴室暖房機も床暖房も付けることは無く、また予定も無いそうで、結局10年以上の間、まったく必要の無い機能を持った給湯器を使っておられたんですね。

そこで今回は、④の追い焚き付き給湯器をオススメしました。底面を見ると、暖房をつなぐ配管部分はありません。↓

20161130ガス給湯器の話3

この組合員様宅の場合、排気の煙突も付けての総工事費が、税込で24万円台でした。

―――――――― * ――――――――

コープ住宅では、組合員様のお家に合った機種を選定させていただきます。ガス工事も一度、お問い合わせください!リンナイ、ノーリツ、大阪ガスの商品を扱っております♪

ちなみに④の給湯器を付けた後で、やっぱり浴室暖房機や床暖房が欲しくなってしまったら…?そんな場合もご安心ください!「暖房機専用の給湯器」という機種もあるんですよ。
少し小ぶりな本体で、今ある給湯器の横に並べて設置できます!

情報提供は、東部営業所の中村でした。

この記事を気に入っていただけましたか?コープ住宅では小さな補修から大きなリフォームまで、住まいに関するご相談を承っております。/お問い合わせはこちらから

SNSで更新情報をチェック!

「ガス・電気」関連のエントリー

月別アーカイブ

スタッフの声をお届け!スタッフブログ 社内外のイベントのお知らせやレポートなどをお伝えします