きっとあなたの役に立つ きっとあなたの役に立つ 住まいのブログ

2016年12月2日

そうじ ,トイレ

ちょっとずつ大掃除(4)トイレの汚れ別・徹底そうじ方法編

いよいよ12月ですね。大掃除の話も残すところあと3回となりました。
今回はトイレそうじ編です。トイレの便器は、汚れの種類や程度によってそうじ方法が異なりますので、ちょっと注意が必要です。

201612大そうじ後ピカピカになったトイレルーム

使用するそうじ道具はそんなに多くはありません。
■トイレ用洗剤(中性)
■トイレ用ブラシ
■ゴム手袋
■やわらかい布
■ウェットティッシュタイプのトイレクリーナー
■使わなくなった「割りばし」や「へら」

まずは、そうじの前に…★汚れが目立つ時は、便座を外そう!

あまりにも便器の汚れが目立つ場合や、「今日は徹底的にそうじする!」と決めた日は、ウォシュレットなどのいわゆる「便座」を外してしまいましょう!
その際、ウォシュレットノズル周りや便座の裏側も、きれいにそうじできますよ♪
外れる機種か、外すことのできない機種かは、取扱説明書に記載があるので、一度読んでみてください。

●まず、電源を切る、またはコンセントを抜きます。
●便座の取り外し方は機種によって異なりますので、取扱説明書に載っている手順にしたがって外してみてくださいね。
↓下の画像で使用している機種は、右横にあるボタンを押して、手前にがばっと引くと外れる仕様です。 111126トイレの便座を取り外す

さて、それでは 便器の汚れ別のそうじ/お手入れ方法をみていきましょう。

1.便器内の水位線の汚れ

便器内の水位(溜まっている水が触れている一番上の面)の箇所に、黒 または茶色っぽいリング状の汚れが付いていませんか?
この「水位線」の汚れは、ちょっとブラシでこすったぐらいでは落ちない、なかなかやっかいな汚れですよね。

【お手入れ方法】
●便器内の水位を下げるため、バケツに半分ぐらいの水を勢いよく、ザ~ッと便器内に流し入れます。
●水位線のあたりに少量のトイレットペーパーを貼り付けて、トイレ用洗剤(中性)をたっぷり含ませます。そのまま30分ほど置きます。
●汚れが浮き出てきたらペーパーを外して、トイレ用ブラシでこすり、水で洗い流しましょう。

【注意!】お家のトイレは、節水トイレではありませんか?節水トイレは流れる水量が少ないため、一度にたくさんのペーパーを流すと「詰まり」を起こしてしまう場合があります。
ちょっと手間ですが、一度にペーパーを敷き詰めてしまわずに、少しずつお試しください。

2.ピンク色/黒っぽい汚れの場合

便器内のため水面にピンク色の汚れが付着していたら、それはバクテリア類の細菌です。適度な水温の元で繁殖し分泌物を作り出すので、ピンク色汚れが発生するのです。

⇒お風呂場にも発生しやすい、このピンク色の汚れ(ヌメリ)については、別記事にて詳しく追及していますので、ぜひ併せてお読みくださいね。
ピンクスライム!お風呂場のピンク色の汚れ

また、便器の内側に黒っぽい汚れが付着していたら、それは「カビ」によるものです!便器に付着した汚れがカビの栄養源となり、繁殖した結果なのです。

ピンク色、もしくは黒っぽい汚れ、共通の【お手入れ方法】
●市販のトイレ用洗剤(中性)をかけて、3~5分ほど置きます。その後、トイレ用ブラシでゴシゴシとこすり落とします。
●上記の方法で落ちないガンコな汚れの場合は、上記の〔1.水位線の汚れ〕の場合と同様です。

クエン酸スプレーの使用例 トイレの気になる汚れや黄ばみに

3.黄色い汚れの場合

便器内に、毎日洗剤で清掃をしてもなかなかとれない石のようなものがこびり付いている場合がありますね。この頑固な付着物を「尿石」といいます。尿石とは、尿中のカルシウムイオンが空気中の炭酸ガスと化学反応を起こし、水に溶けにくく石のように固い化合物に変化したものだそうです。

【お手入れ方法】
●まずは尿石の大きなカタマリを、使わなくなった割りばしやへらなどで、ざっと こそげ落としましょう。
【注意!】このとき、絶対にサンドペーパーなどは使わないで下さいね!便器に細かい傷がつき、そこに汚れが入り込んで取れなくなってしまうからです。

●この後のお手入れ方法は、上記の〔2.ピンク色/黒っぽい汚れの場合〕の場合と同様です。

4.アンモニア汚れ

便器の外側と床、壁には、用を足したときに回りに飛び散ってしまった尿がそのまま残っていることが多い箇所です。これはニオイの元にもなりますし、付着したまま放置するとシミの原因もなります。

【お手入れ方法】
●ウェットティッシュタイプのトイレクリーナーで、(その都度)周囲を拭き取ります。

これらの掃除のことを念頭に置かれて、トイレではできるだけ男性も座って用を足されますように。<(_ _)>

―――――――― * ――――――――

なお、ウォシュレットなどの便座はプラスチック製なので、便器用洗剤が付いたままにしておくと変色・劣化してしまいます
洗剤がかかった場合は、すぐさまやわらかい布で水拭きするようにしてくださいね。

また、途中に節水トイレの場合の注意事項が出てきましたが、こちらの別記事にてもトイレのそうじ時に留意しておきたいことをまとめています。↓
お時間があれば、ぜひ併せてお読みくださいね。

20150810トイレシートにご用心バナー

「うちのトイレの場合は、こんな洗剤は使える?」など、判らないことがありましたら、いつもの営業担当か、最寄りの営業所まで、お気軽にご連絡くださいませ。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

201612トイレのサイン

この記事を気に入っていただけましたか?コープ住宅では小さな補修から大きなリフォームまで、住まいに関するご相談を承っております。/お問い合わせはこちらから

SNSで更新情報をチェック!

「そうじ、トイレ」関連のエントリー

月別アーカイブ

スタッフの声をお届け!スタッフブログ 社内外のイベントのお知らせやレポートなどをお伝えします