リフォームの基礎知識

ホーム > リフォームの基礎知識 > 屋根のリフォームのサイン

屋根編

リフォームの基礎知識TOPに戻る
メニュー
  • 屋根リフォームのQ&A
  • 屋根のリフォームのサイン
  • 屋根の種類
  • 屋根瓦の施工手順

屋根のリフォームのサイン

こんな症状ありませんか?

普段の生活では見えない屋根の上。 築年数が経つと、知らない間に色々な不具合が出てきます。また、メンテナンスの方法が悪く、余計に雨漏りのリスクが高くなってしまう場合もあります。もし、あなたのお住まいが下のような状態になっていたら、屋根のお手入れが必要です。 ※屋根に登るのはとても危険です。
点検はプロにお任せください。詳しくはこちら

【瓦のズレ】台風・地震などでずれてしまうと屋根の働きをなさない【鬼瓦 落ちかけ】留め付けがゆるんで、脱落 落下のおそれが
【瓦の凍て】冬場寒い地域、瓦に染みこむ微細な水分の凍結・膨張が繰り返され表面が破裂する【棟のくずれ】落下の危険性が高く、早急に対処が必要
【棟の蛇行】棟の保持力が弱くなったため蛇行している【漆喰の劣化】漆喰が劣化し外れてしまう
【植物・苔】漆喰が劣化して外れた隙間に根がはって雑草が生えています【本谷板金の劣化】経年変化でサビが発生穴があくと雨漏りの原因に
【再塗装の不具合】メンテナンスの再塗装のはがれ【再塗装の不具合】再塗装の際、瓦と瓦の間の縁切りがされておらず、間に入り込んだ水の逃げ場所がない状態になり雨漏りの原因に
【全面コーキング止め】瓦の隙間全てをコーキングで埋めてしまっており、間に入った水の逃げ場所がない状態になり雨漏りの原因に【板金屋根の劣化】サビや腐食が進むと穴があく恐れも
【セメント瓦の色劣化】塗装の皮膜がはがれると防水機能が低下し、下地に影響も【カラーベストの色劣化】塗装の皮膜がはがれると防水機能が低下し、下地に影響も
【樋のゴミつまり】水があふれて内側に流れ込む恐れが【樋の外れ】雨水を誘導できないため浸水の恐れが
相談・見積もり無料/お問い合わせ・ご相談・お見積りはこちらコープ住宅について組合員様の声