Staff Blog

スタッフブログ

スタッフブログ一覧へ
2016.05.24

イノシシの撃退方法とバッタリ出会った時の対処方法をお教えします

ワンポイントアドバイスその他

六甲山麓にお住まいの組合員さまからは、イノシシ(猪)による被害のお悩みの声をいただくことがたびたびあります。
カーゲートの破損、門扉の破壊、庭や畑が荒らされるなど、その被害は(金額的にも)深刻なものがあります。

イノシシ対策

イノシシの忌避剤も、ネズミと同じぐらいたくさんの種類のものがホームセンター等に並んでいます。
・柵(さく)、罠
・大音量による威嚇装置
・光(ストロボやLED)を使った威嚇装置
・忌避剤

ある組合員さまから「これを門に付けたら、猪が来なくなったよ!」と教えていただいたイノシシ除けのお札があります。
唐辛子成分を主とした忌避剤を入れたものですが、イノシシが嫌う匂いを放つので、カーゲートやフェンスに吊り下げておくだけで 避けて来なくなったというお話でした。
効能は長くないようですが、イノシシは嫌な臭いのある場所を覚えてしまうのか、「その後はもうやって来ないよ」とのことです。

全てのイノシシに対して効果があったというわけではないので、あくまで対策の一つとしてご参考にしていただけましたら幸いです。

 

もしも路上で、イノシシに出会ってしまった時の対処方法

大人のイノシシは体格が大きい上に、牙を持っていて危険です。もちろん、鋭い歯で噛みつきもします。
攻撃されると大ケガをすることもありますので、周りを見渡して、臨機応変に避難しましょう。

あわてずさわがず、ゆっくりと距離をとって、離れましょう!

住宅街に出てくるイノシシは、人に慣れており、さほど恐がりません。
多くの場合、人とイノシシが出会ったら、イノシシの方から去っていくものですが(特に子連れの場合)、最近のイノシシの中には、逃げずにウロウロしていたり、まれに人に近寄ってくる個体もいます。(残念なことに、餌付けされているケースも多々あります…)

そんなまさかの出会いの時、恐怖のあまり叫んだり、持っていた傘を振り回すなどの行為は絶対にNGです。
イノシシに要らない敵対心を与えてしまう、危険な行為ですのでね。「何もしない」が大原則です。
また、ワンちゃんとのお散歩中の場合は、イノシシに向かって吠えないよう、口をふさぐか抱きかかえるかして下さい。

イノシシは非常に賢い動物ですので、相手のことをよく見て観察しています。
「この人間(と犬)は危害を加えそうにないな」と思わせるのが もっとも重要です。

もしもその時、美味しそうな匂いのする食べ物(菓子パンやお惣菜など)を持っていた場合、ゆっくりと食べ物や袋を地面に置いてから離れましょう。
臭いにつられて、イノシシがますます近寄ってくることもあるからです。

すぐに走り去りたい気持ちはよくわかりますが、その気持ちと恐怖とをググッと抑えて、後ずさりしながら、なるべくゆっくりと距離を取ります。
道や交差点の角、公園の入り口、家の門の前などまで、イノシシとの距離が取れる場所までたどり着いたら、急ぎ足で避難して下さいね。

イノシシが興奮しているようだったら…

遭遇したイノシシの毛が逆立っていたり、前足で地面を掻くしぐさを繰り返したり、ブヒブヒという鼻声がうるさいようでしたら、イノシシが興奮して、突進してくる可能性が高い、危険な状態です。
ぶつかられたら、人間側がケガすることは間違いなしですので、いそいで周囲を見渡して、避難しましょう!

・路上駐車している車があれば、その後ろや上に避難する。
・電柱や街路樹、ガードレールなどの陰に隠れる。
・少しでも高いところを探して、その上に乗る。

いざとなったら、木に登る!ぐらいの心づもりで、とにかく逃げてください。

周りを見渡しても何も無いようでしたら、緊急時ですので、すぐ近くのお家に助けを求めるのも、止むを得ないことでしょう。

―――――――――― * ――――――――――

ちなみに上の写真2枚ですが、まさしく六甲山麓である 神戸市東灘区の住宅地で本社スタッフがたまたま撮影したものです。(^_^;

情報提供は、 姫路営業所の新田でした。

 

 

 

Calender

Staff Profile

スタッフ写真

西部営業所

地域営業担当

スタッフの詳細へ

Archive

お得なイベント、キャンペーン情報 配信中!

この記事に関連したブログ

スタッフブログ一覧へ