Reform menu

リフォームメニュー

リノベーションで中古住宅に新たな価値を

リノベーションで中古住宅に新たな価値を

ライフスタイルが多様化し、住まいに対する価値観も大きく変わってきた今、中古住宅を購入しリフォームすることを選択する方が増えています。さらに、家づくりの新しい手法として注目されているのが、古い建物のよさを活かしながら大がかりな改修を行うことで、中古住宅に新たな付加価値を生み出す「リノベーション」。その魅力はどんなところにあるのか、リノベーションのメリットをご紹介します。

自分らしいリフォームで理想の住まいを実現

リノベーションの最大のメリットは、注文住宅と同じように、住む人のニーズやライフスタイルに合った自由な空間づくりができることです。いったん壁・床などの内装を解体し、建物の柱、梁などの構造躯体だけにしたスケルトンの状態にしてから工事を行えば、一定の制約条件はあるものの、自分がこだわって選んだ材料や設備を使って好きな間取りやデザインの住まいを実現することができます。また、あえて部分的に既存を残して空間に味付けしたり、古い建材を使ったりと、ちょっとした工夫で新鮮な魅力を発揮し、エコやコストダウンにもつながります。

 

たくさんの物件の中から比較・検討できる

リノベーションで中古住宅に新たな価値をの画像

希望する居住エリアで希望通りの物件を探すのが難しい新築とは違い、中古であれば常にさまざまなエリアで売り出されているので物件数が豊富です。また、リノベーションを前提としているので、リフォームしただけでは住めない物件や、エリアや立地の条件を満たしているのに間取りや内装、設備機器が条件を満たしていない物件も候補に入れられるため、対象となる物件の範囲を増やすことができます。選択肢が増えることで、たくさんの物件から住みたい街や周辺環境、広さ、築年数など、条件に妥協することなく自分の希望に合ったものを探し出せる可能性があります。

リノベーションで失敗しないために

中古住宅のなかには築年数が長いために老朽化が激しい物件や、断熱や耐震などの耐久性が現在の基準より低い物件もあります。劣化している箇所の補修や耐震補強などに別途費用がかかってしまい、物件の購入費が安くても総額では費用面でのメリットが出ない場合があるので注意が必要です。

また、リノベーションの場合、引き渡しまでの間に、建物検査、設計、施工などの作業が加わります。さらに、コンセプトやイメージに強いこだわりがあると、新築と同じくらいの打合せ期間が必要になるため、忙しくて打ち合わせの時間が十分に取れないという方や一刻も早く住み替えたい方には、不向きな場合もあります。

 

家づくりの可能性を大きく広げてくれる「リノベーション」。物件を購入する契約をしてから、「やりたいことができない」となっては手遅れです。住宅のことは素人ではわかりにくいことも多いので、自分だけで判断せず、物件購入の前から事前に信頼できるリノベーション施工会社や専門家などプロに相談することが重要です。断熱や耐震などの家の性能や、物件のメンテナンス状況など細かく確認することができ、物件購入の際もアドバイスを受けることで納得のいくリノベーションにつながります。

 

実際のリノベーション施工例はこちらをクリック!

 

こちらをクリックでお問い合わせフォームへ

 

 

 

中古住宅のなかには築年数が長いために老朽リノベーションで中古住宅に新たな価値をの画像