Reform menu

リフォームメニュー

キッチンの選び方

台所
キッチンの選び方

使いやすいキッチンとは

せっかくリフォームをしても、料理や後片付けがしやすいキッチンでなければ後悔が残ってしまいます。使いやすいシステムキッチンを選ぶために、まず気をつけたいのが、調理台の高さと奥行きです。

調理台の高さは「身長÷2+5cm~10cm」が使いやすいとされています。低すぎると腰が痛くなりますし、高すぎるとお鍋やフライパンを持つ手が疲れてしまいます。80cm、85cm、90cmといった高さが一般的ですが、調理する人の身長に合わせ、まな板を置いて包丁を持った姿勢で背骨が曲がらない位の高さにするのがポイントです。

調理台の奥行きは、60cmや65cmのものが主流ですが、最近は75cmのものもあります。奥行きがあると洗い場(シンク)が広く調理、収納スペースも広がります。しかしその反面、水栓が使いづらくなったり、奥に置いたものが取りにくくなったりすることもあります。奥行きについても、自分が使いやすいものを選ぶようにしたいですね。

理想のキッチンにするために

普段からキッチンの使いにくい部分があれば、気づいたときに都度、メモをしておくことをおすすめします。広さ・動線・収納・デザイン・機能など、さまざまな面から不満に感じる点はないか確認しながら使ってみましょう。

かといって、自分流に上手に今のキッチンと付き合っているあなたは、不満点が簡単に見つからないかもしれません。そういう場合は、お近くのショールームに行き、最新のキッチンを見て回るのも良いと思います。あなたの知らない便利な収納や機能、素敵なデザインに出会えるかもしれません。

また、工事店にキッチンを採寸してもらい、どんな大きさのどんな形のキッチンが選べるかアドバイスをもらってから、欲しいキッチンをイメージしていくのもいいかもしれませんね。

リフォームの目的は何なのか、自分にとって最優先にしたいものは何かを気がつくことも大切です。

過不足のない収納スペースを

まずはリフォームをきっかけに今ある食器などお手持ち品の「いる」「いらない」の仕分けをしてみましょう。「今」お家で生活されている人数には多すぎる食器が出てくるなど、使っていない物も沢山あると思います。

次に、使いやすい収納スペースを確保することを意識しましょう。最近のシステムキッチンは、上部にある収納(吊戸棚)を、「ゴソッ」と引き下げて使えるものもあります。これなら、高くて手が届きにくかった上の方も使いやすくなります。

さらに、下台部分は、引き出しタイプや観音(両開)扉、ちょっと小物を収納できる隠れ扉みたいなものや、小引出しなど、さまざまなタイプの収納があります。システムキッチンの収納については、どこに何を収納するのかをイメージすることが大切です。よく使う物は手の届く範囲に、そうでないものは足元か上部に、コンロ周りで使うものはコンロの近く、洗い場(シンク)周りで使うものは洗い場(シンク)の近くと、距離を意識して収納場所を決めましょう。

まずはリフォームをきっかけに今ある食器なキッチンの選び方の画像

メンテナンスのしやすさを重視

毎日使うキッチンは、日々の料理で汚れが溜まりやすい場所でもあるため、掃除や片付けのしやすさがもっとも重要です。最近では、調理台が一体型で継ぎ目がないキッチンが主流になり、汚れにくく、掃除もしやすくなってきています。汚れがこびりつきにくい材質、フィルター掃除のいらない換気扇、先端の伸びるシャワー水栓など、多種多様な素材、機能、使い勝手のものがあります。掃除の手間がかからない商品を選ぶと、日々の生活にゆとりができることでしょう。

生活スタイルに合った設備を

キッチンの選び方の画像

実際に施工された組合員さまの施工例へ

 

最近は、安全性の高い設備も多くなってきています。例えば「ガスコンロ」は、2008年10月以降、全てのバーナーにSiセンサーを搭載することが義務付けられるようになりました。Siセンサーとは、「消し忘れても自動で火を消してくれる」「天ぷら油など、高温になりすぎると自動消火し、油の発火を防いでくれる」「煮こぼれなどで火が消えるとガスを遮断しガス漏れを防いでくれる」など、いざというときに家族もお家も守ってくれる安全機能のことです。

また「IHクッキングヒーター」は、ガスに比べ熱効率がよく、加熱スピードが早いのが特徴。鍋底に電流を流し、鍋自体を発熱させるするしくみになっているため、熱のムダがありません。火を使わないので、うっかり近づきすぎて袖などから体に火が燃え移る着衣着火の心配がなく、高齢の方にも安心です。また、夏場は、熱源からの熱風がない分、暑くなりません。しかも、そばで扇風機をかけても火が消えてしまうということもありません。油もとびちりにくく、温度管理が自動ででき、天ぷらも「カラッ」とおいしくできます。

衛生的でかつ時短という面では、「食洗機」がおすすめです。食洗機は使いこなすと、面倒な食器洗いから解放され、手で洗うことのできない約60~80℃のお湯で洗うので、赤ちゃんや高齢者の方にはもちろん、家族みんなの衛生面にも貢献。しかも食器洗いによる手荒れの心配もなくなり、洗いにくいおろし金やザル、油でギトギトの油こし器なども食洗機に入れるだけできれいになるのも便利です。

さらに、キッチンが狭いと悩んでいる方には、洗い場(シンク)を調理台として有効活用できるタイプのキッチンがおすすめです。調理中は、作業スペースが広くほしいし、洗い物をするときは、奥行のある洗い場(シンク)でお鍋やフライパンを楽に置きたいものです。洗い場(シンク)の広さを確保して、調理中には、作業スペースとして洗い場を使える両立キッチンは、同じ間口のキッチンでも、今までの約1.4倍の面積の調理スペースが確保できます。つまり、約30センチ広い間口と同じ調理スペースになります。

他にも、さまざまな機能、工夫のある設備が登場しています。これからの生活スタイルを考えながらあなたにぴったりの設備を選んでみてください。

 

 

電力の確保を忘れずに

最近は、炊飯器を始め、電子レンジ、オーブントースター、食器洗い乾燥機、電気湯沸かし器、ホットプレート、コーヒーメーカーなど、加熱を伴う電気製品を、近くのコンセントで一度に使うシーンが増えています。うっかりするとすぐにブレーカーが落ちてしまっては面倒なうえに危険です。今後も電化製品がどんどん増えていく可能性もあるので、少し余裕を持って電力を確保できるようにコンセントを増設することをおすすめします。

キッチンの選び方の画像

大掛かりになりますが・・・作業効率を考えたレイアウトも可能

実は、キッチンで最も優先したいのが、作業しやすい動線の確保です。キッチンで頻繁に使う「洗い場(シンク)」「熱源(コンロ・IHクッキングヒーター)」 「冷蔵庫」の3つを結ぶ線の距離が短いと作業効率が良くなります。また、食器棚、電子レンジや炊飯器などの調理家電、ゴミ箱などの位置も重要ですので、きちんと位置を決めておきましょう。

キッチンリフォームやちょっとした補修などお気軽にお問い合わせください!

こちらをクリックするとお問い合わせフォームへ

 

実は、キッチンで最も優先したいのが、作業キッチンの選び方の画像