Staff Blog

スタッフブログ

スタッフブログ一覧へ
2017.03.31

地味でも重要★システムキッチン入替時の「下地工事」

キッチン現場レポートやっておいた方がいいこと

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。西部営業所の渋谷です。

今、システムキッチンの入替工事の真っ最中です。
「キッチンの入替工事」というと、キッチン本体を設置するだけの工事なのかな?と思われる方も多いのではないでしょうか。
でも実は、いろんな職種の職人さんによる工事が行われる一大工事なんです。

キッチン入替工事の主な工程

ざっと大きく分類すると、工事は次のような工程から成り立っています。

1.養生 (通路やお部屋・家財を汚したり傷つけない為の、とても大事な作業です)↓

 

 

2.解体工事 (事前にガス・水道・電気の職人さんが配管を止めます)
3.配管工事 (新しいキッチンの位置に、ガス・水道・電気の配管を引き替えます)
4.下地工事 (大工さんによる木工事を行います)
5.システムキッチン組立 (メーカーの職人さんが行います)
6.配管の接続、器具取付
 (3.の工程で設置した配管とキッチンのガス・水道などを接続します)
7.
塗装工事 (新しい木部等があれば、塗装の職人さんが塗装を行います)
8.内装工事 (内装の職人さんが壁紙の張替え等を行います)↓

 

 

9.清掃・片付け (養生をはずし、きれいに清掃します)

これらの行程の中でも最も地味な(?)「4.下地工事」について、少し詳しく説明させて頂きますね。

「下地工事」とは?

この工程では、大工さんが新しく入るキッチンの為の木下地を作ります
家の造りは木造、軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート造など様々ですが、それらの構造に合った下地でなければなりませんし、新しいキッチンを既存の間取りに収めるには何mmの厚みの材料を使えば良いか?
…などなど、技術と経験が必要な、とても重要な工程です。

 

 

素敵なキッチンになりそうで、施主さまも私も完成が楽しみです!(^^)

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

Calender

Staff Profile

スタッフ写真

西部営業所

地域営業担当

スタッフの詳細へ

Archive

お得なイベント、キャンペーン情報 配信中!

この記事に関連したブログ

スタッフブログ一覧へ